初めまして、鹿児島県で森の玉里子ども食堂の代表をしている齋藤です。

 

私自身は家庭科教育が専門で、生活者の視点に立った研究をしてきました。

 

今年に入り、「急増している子どもの貧困率が社会の問題として取り上げられるようになってき

 

 

た中で「子ども食堂」の取組を知りました。ぜひ立ち上げたい。」という熱心な教員から依頼され、一緒に鹿児島にも子ども食堂を作ろうと取り組むことになりました。